メインメニューを開く

進藤 長定(しんどう ながさだ、慶長13年(1608年) - 延宝3年5月4日1675年6月26日))は、江戸時代前期の青侍近衛家諸大夫。官位は筑後守。主に近衛信尋(近衛家18代当主)、尚嗣(19代当主)、基熙(20代当主)の3代にわたり近衛家に仕えた。

進藤長滋の子。姉に大石良信の妻がいる。大石良勝の娘と結婚し、その間に長房斎藤宣盛(斎藤家養子)の二子を儲けた。延宝3年に死去。享年68。