近衛家(このえけ)旧字体(近衞家)は、藤原北家の嫡流であり[2]公家五摂家の筆頭[2][3]で、華族公爵家のひとつ[4]。人臣で最も天皇に近い地位にある家とされる[5][6]。別称は陽明[2]家紋近衛牡丹[6]菩提寺京都大徳寺[7]。近衛家で最も著名な人物は昭和前期に三度にわたって内閣総理大臣を務めた近衛文麿である[8]

近衛家
家紋
近衛牡丹このえぼたん
本姓 藤原北家近衛流
家祖 近衛基実[1]
種別 公家摂家[1]
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国→東京府/東京都
著名な人物 近衛基実
近衛尚通
慶寿院
近衛前久
近衛前子
天英院
近衛尚子
近衛文麿
近衛忠煇
支流、分家 鷹司家(公家・公爵
近衛秀麿家(子爵
水谷川家男爵
常磐井家(男爵)
粟田口家(公家)
衣笠家(公家)
多羅尾氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

封建時代編集

家名は平安京の近衛大路に由来する。本姓藤原氏藤原北家近衛流の嫡流にあたる。摂関家には近衛流と九条流があるが、近衛流は藤原忠通の四男、九条流は六男を祖としており、五摂家の中で初めて藤氏長者をつとめたのが近衛流である。藤原忠通四男(実質的な長男)の近衛基実を家祖とする[1]。その子の基通京都近衛の北、室町の東の邸宅を「近衛殿」と称したことが家名の由来である[9]禁裏陽明門を東西に通じているのが近衛大路だったため「陽明」とも呼ばれた[2]

2代基通は鎌倉時代初期に後白河法皇の側近として親幕派の叔父九条兼実九条家の祖)に対抗したことで知られる[10]。3代近衛家実建保承久年間に牡丹紋を車紋として使用するようになり、この後に近衛牡丹が近衛家の家紋となった[6]

鎌倉時代中期に家実の四男兼平により鷹司家が立てられた。南北朝時代の一時期には近衛家は家平流と経平流の2流に分裂し、南朝側の近衛経忠(家平の子)と北朝側の近衛基嗣(経平の子)が対立した[10]戦国時代には尚通など碩学政家や書家を輩出した。

近衛前久1575年(天正3年)に織田信長と対立して薩摩国へ逃れて島津氏の庇護を受けたが、1578年(天正6年)に形勢がよくなったので帰京した[11]。その息子の信尹1591年(天正19年)に豊臣秀次に関白就任に反対したことで豊臣秀吉と対立して左大臣を辞したが、秀吉が朝鮮出兵を開始すると従軍を志願し、後陽成天皇にその許しを乞うたが、驚いた天皇は宸翰を秀吉に与えて信尹を思いとどまらせるよう指示し、秀吉は前田玄以に命じて信尹を制止した。その後周囲との調和を乱すとされて薩摩へ配流となった。後に許されて帰京して秀吉の死後には関白となった[11]。信尹は継嗣を欠いたため、江戸時代初頭に妹の前子が後陽成天皇との間に儲けた第4皇子、四宮を養嗣子に迎え近衛信尋とした[7]。よって以後の近衛家のことを皇別摂家ともいう(皇室の男系子孫にあたる立場は近代まで続いたが、現当主の近衛忠煇細川護貞近衛文麿の娘温子の間の次男なので男系子孫ではない)。江戸時代後期の近衛家の家領は2862石だった[7]

五摂家の中でも近衛家のみが7、8歳での元服の際に天皇の直筆で名前を賜った。例えば近衛忠熙光格天皇から、近衛忠房仁孝天皇から名前を賜っている[8]

武家時代に朝廷は徹底的に抑圧され、近衛家も重要な役割を果たせる者がなかなか出せなくなっていたが、幕末になると朝廷の動向がにわかに脚光を浴びるようになり、外交にしろ内政にしろあらゆる問題は京都の意向なくしては何事も進まなくなった。こうした情勢の中、近衛忠熙が近衛家当主として久しぶりに大きな政治権力を行使する機会が巡ってきた[5]。同時に政治的な浮沈も激しくなり安政の大獄で失脚し[6]井伊直弼が討たれると復権したが公武合体に奔走したため、幕末も後期の頃に幕府崩壊と共に再び失脚し、まもなく赦免されたがすでに60過ぎだった自身の政治生命は終わったことを自覚してそのまま隠居した[12]

明治以降編集

維新後、明治天皇が東京に移ると京都の公家たちも続々と東京へ移っていったが、忠熙はしばらく京都にとどまり、代わりに忠熙の嫡男近衛忠房が政府の要職に就任して東京に移住したが、彼は1873年(明治6年)に病を得て死去。忠房の政治的栄進に望みをかけていた忠熙の失望は大きかった[13]。忠房の嫡男近衛篤麿が家督を相続。彼は父が東京へ移った後も京都にあって忠熙に養育されていたが、元服後まもなく宮内省で侍従職として勤務することになり東京へ移住。この際に忠熙も東京へ移住することになった[14]

1884年(明治17年)の華族令の制定に伴い、篤麿は公爵に叙せられた[7]。1890年(明治23年)に貴族院が開設された後には篤麿は公爵として無選挙で貴族院議員に就任して院内会派を結成し、貴族院議長東亜同文会会長として活発に政治活動を行った[10]。生まれたばかりの議会政治を育てるために尽力した[15]。また篤麿が指揮する東亜同文会には全国のアジア問題に関心のある識者が続々と集まり、日本の対アジア政策の拠点となっていた[16]。また明治天皇は内命をもって侍従長を介し篤麿に意見があれば何事も随意に奏聞するよう命じていた。これは異例のことだったが、皇室と近衛家の特別な関係及び篤麿の卓越した見識を評価されたことによるものだった[16]。篤麿は国粋主義者として知られ[17]、日露戦争前夜の頃、ロシアとの緊張が高まった際には国内で最も強硬にロシアとの開戦を主張し、対ロシア融和派として開戦回避に動く伊藤博文を「恐露病」と批判して対立した[18]

政界の巨頭だった篤麿に接近して知遇を得、何らかの眷顧を得ようという輩は多く、近衛家の前には謁見の栄を得ようと順番待ちしている者が後を絶たなかった。息子の近衛文麿は会津や仙台など東北を旅行した際、まだ子供だった自分に叩頭し、三拝九拝する大人たちの姿を見て滑稽の感を催すとともに父の権力の巨大さを子供心に実感したが、父が死ぬやぱったりと誰も擦り寄ってこなくなり、近衛家は火が消えたように寂しくなったことを記憶しており、こうした体験が彼の人間嫌いな性格を助長したという[19]

篤麿の死後に公爵位を継いだ文麿は、1916年から公爵議員として貴族院議員になり、華族有位者の資格審査をする宮内省宗秩寮の審議員を務め、その後、貴族院議長や東亜同文書院院長などを経て、昭和前期に3度にわたって内閣総理大臣(第34代、第38代、第39代)を務め[10]、1938年には国家総動員法を成立させ、同法規により地方の民間電力会社を買収し、強制的に9大電力会社を組織した。その弟秀麿も指揮者として著名である。秀麿は分家の華族として子爵位を与えられている[20]

五摂家の筆頭だった近衛家は華族の中でも頂点に立つ別格の存在であり、近衛文麿は天皇の前で足を組んで話をすることが許されている唯一の存在だったといわれる[21]

第二次世界大戦直後の1945年(昭和20年)11月に近衛文麿は敗戦に至った責任を取るとして公爵位辞爵を申し出、市井の平人として余生を過ごすことを願うと記したが[22]、GHQにより戦犯指定されたため、翌12月に服毒自殺した[23]

文麿の長男文隆は終戦時に重砲兵第三連隊に所属していたが、停戦命令に従い武装解除してソ連軍に投降した。文隆が文麿の長男であることを知ったソ連当局は文隆をスパイにして日本政界に送り込む計画を企てたが、文隆が拒んだため禁固25年の判決を受けてシベリア抑留を受け、1956年10月29日に凍土の中で高熱を出して死去した[24]

現当主の近衛忠煇日本赤十字社社長(現名誉社長)、国際赤十字赤新月社連盟会長を歴任した。忠煇は肥後細川家出身で細川護貞と文麿の娘・温子の次男であり、文隆の妻の養子となって近衛家を継いだ。なお、元内閣総理大臣(第79代)、元熊本県知事(第45・46代)の細川護熙は忠煇の実兄。また、忠煇の夫人は三笠宮崇仁親王の長女甯子。その長男で次期当主の忠大NHK職員などを経て現在は映像作家や宮中歌会始で講師などを務めている。

歴代当主編集

近衛宗家編集

代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
1   近衛基実
(1143年-1166年)
藤原忠通の四男 正二位
正一位
関白(1158年-1165年)
摂政(1165年-1166年)
太政大臣
2   近衛基通
(1160年-1233年)
先代の長男 従一位 関白(1179年-1180年、1196年-1198年)
摂政(1180年-1183年、1184年-1186年、1193年-1203年)
3   近衛家実
(1179年-1243年)
先代の長男 従一位 関白(1206年-1207年、1221年-1224年)
摂政(1207年-1221年、1224年-1229年)
太政大臣(1222年)
4   近衛兼経
(1210年-1259年)
先代の三男 従一位 関白(1242年)
摂政(1247年-1252年)
太政大臣(1241年-1242年)
5   近衛基平
(1246年-1268年)
先代の長男 従一位 関白(1267年-1268年)
6   近衛家基
(1261年-1296年)
先代の長男 従一位 関白(1289年-1291年、1293年-1296年)
7   近衛家平
(1282年-1324年)
先代の長男 従一位 関白(1313年-1315年)
8   近衛経忠
(1302年-1352年)
先代の長男 従一位 関白(1330年、1336年-1337年(南朝))
9   近衛経平
(1287年-1318年)
先代の叔父
(家基の次男)
従一位 左大臣(1316年-1318年)
10   近衛道嗣
(1333年-1387年)
先代の孫
(先代の子基嗣の子)
従一位 関白(1361年-1363年(北朝))
11   近衛兼嗣
(1333年-1387年)
先代の子 従一位 摂政(1387年-1388年(北朝))
12   近衛忠嗣
(1383年-1454年)
先代の子 従一位 関白(1408年-1409年)
13   近衛房嗣
(1402年-1488年)
先代の子 従一位 関白(1445年-1447年)
太政大臣(1462年)
14   近衛政家
(1444年-1505年)
先代の子 従一位 関白(1479年-1483年)
太政大臣(1488年-1490年)
15   近衛尚通
(1472年-1544年)
先代の子 従一位 関白(1493年-1497年1513年-1514年)
太政大臣(1514年-1517年)
16   近衛稙家
(1502年-1566年)
先代の子 従一位 関白(1525年-1533年1536年-1542年)
太政大臣(1538年-1541年)
17   近衛前久
(1536年-1612年)
先代の長男 従一位 関白(1554年-1568年)
太政大臣(1582年)
18   近衛信尹
(1565年-1614年)
先代の子 従一位 関白(1605年-1606年)
19   近衛信尋
(1599年-1649年)
先代の甥
(前久の娘前子の子)
従一位 後陽成天皇第4皇子
関白(1623年-1629年)
20   近衛尚嗣
(1622年-1653年)
先代の子 従一位 後陽成天皇男系2世
関白(1652年-1653年)
21   近衛基熙
(1648年-1722年)
先代の長男 従一位 後陽成天皇男系3世
関白(1690年-1703年)
太政大臣(1709年-1710年)
22   近衛家熙
(1667年-1736年)
先代の長男 従一位 後陽成天皇男系4世
関白(1707年-1709年)
摂政(1709年-1712年)
太政大臣(1711年)
23   近衛家久
(1687年-1737年)
先代の長男 従一位 後陽成天皇男系5世
関白(1726年-1736年)
太政大臣(1733年-1734年)
24   近衛内前
(1728年-1785年)
先代の長男 従一位 後陽成天皇男系6世
関白(1757年-1762年1772年-1778年)
摂政(1762年-1772年)
太政大臣(1768年-1770年)
25   近衛経熙
(1761年-1799年)
先代の子 従一位 後陽成天皇男系7世
右大臣(1787年-1791年)
26   近衛基前
(1783年-1820年)
先代の子 従一位 後陽成天皇男系8世
左大臣(1815年-1820年)
27   近衛忠煕
(1808年-1898年)
先代の長男 従一位
正一位
後陽成天皇男系9世
関白(1862年-1863年)
28   近衛篤麿
(1863年-1904年)
先代の孫
(先代の長男忠房の長男)
従一位 後陽成天皇男系11世
貴族院議長(1896年-1903年)
学習院(1895-1904)
東亜同文会会長(1898-1904)
初代公爵
29   近衛文麿
(1891年-1945年)
先代の長男 従二位 後陽成天皇男系12世
内閣総理大臣(1937年-1939年1940年-1941年)
貴族院議長(1933年-1937年)
2代公爵
30   近衛文隆
(1915年-1956年)
先代の長男 従五位 後陽成天皇男系13世
陸軍中尉
終戦後シベリア抑留
31   近衞忠煇
(1939年-存命)
先代の妻の養子 無し 文麿の娘温子細川護貞の次男(細川護熙の弟)
日本赤十字社社長(2005年-2019年)

近衛秀麿家編集

代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
1   近衛秀麿
(1898年-1973年)
近衛篤麿の次男 正四位[25] 後陽成天皇男系12世
初代子爵
貴族院議員
作曲家
指揮者
2   近衛秀健
(1931年-2003年)
先代の長男 後陽成天皇男系13世
近衛音楽研究所理事長
宮内庁式部職楽部指揮者
3   近衛一
(1962年-存命中)
先代の長男 後陽成天皇男系14世
近衛音楽研究所理事長

系譜編集

近衛邸跡編集

 
旧近衛邸(愛知県西尾市

江戸時代に近衛家は、京都の烏丸今出川の京都御苑内にあった。その場所は、同志社大学今出川キャンパスの向かいに位置する。築地塀や建物はないが、大池を囲む庭園は保存されており、九条家址の九条池に対し近衛池とよばれている。池の周囲には、有名なしだれ桜である「近衛桜」があり、御花見シーズンには市民でにぎわう。となりには桂宮邸址があり、こちらには築地塀や表門が残っている。

奈良西大寺には寝殿造りである近衛家の政所御殿が移築され、愛染堂として使用されている。愛知西尾城には近衛家の数奇屋棟と茶室棟が移築されている[26]。京都の東福寺塔頭・毘沙門堂・勝林寺には大玄関が移築され現在もお堂として使われている。

近衛家は明治に入り東京に移り住んだ当初、篤麿の社会的地位の変化に伴っていろんな場所に住居を移したが、明治35年からは下落合近辺(学習院のある目白駅西側)に邸宅を構えるようになった[27]。現在でも「近衛」の名を冠するマンションや施設などが多く存在している。また下落合2丁目には近衛篤麿公記念碑が建てられている。

また近衛忠熙が東京に移住した際に明治天皇から特旨により与えられた麹町7丁目の皇室付属地に建てられた邸宅があり、近衛家ではここを桜木邸と呼んでいたが、これは京都に住んでいたころの邸宅の名前をそのまま付けた物だった[27]

 
1940年7月19日東京杉並区荻窪の近衛家別邸荻外荘で会談する近衛文麿首相、松岡洋右外相、吉田善吾海相、東條英機陸相

文麿が居し、戦前に多くの密談が交わされた東京杉並区荻窪にあった近衛家の別邸荻外荘は現存しており荻外荘公園として保存されている[28]

また京都の北山には近衛家の京都別邸である虎山荘敷地内に陽明文庫があり、近衛家伝来の多くの国宝を含めた貴重な歴史資料が保管されている。

近衛家の財産や家政編集

封建時代の近衛家の所領編集

平安時代末期、摂関家領のほとんどを惣領した藤原忠通は、その大部分を長子の近衛基実に譲り(一部は藤原聖子に譲られた)、彼の没後には近衛基通が継承し、近衛家領が成立する[2]

鎌倉時代中期の1253年(建長5年)10月に書かれた『近衛家所領目録』には大番領・散所等を除いて153か所の所領が掲載されており、内訳は私的な別相伝地が14か所、本所として一定の得分を徴収する所領が50か所、進止権を保留しつつ縁の有る寺社に寄進した所領が5か所、基本的な年貢徴収権を寺社に寄進した所領4か所、本所として荘務を進退する所領60か所、在地領主を請所として一定の得分権をもつ所領20か所となっている[2]。ただし私的な別相伝地14か所のうち7か所は鷹司家が近衛家から分家した際に鷹司家領となった[2]

南北朝時代には近衛家も分裂し、近衛家平流と近衛経平流の2流が家領をめぐって対立したが、主要な領地は経平流の近衛基嗣に伝領されたと見られる。基嗣は1336年(延元1年・建武3年)11月に北朝から摂津国榎並庄以下25か所の所領を安堵されているが、これが当時の近衛家領の全てであったとは言い難い[2]

戦国時代前期の1478年(文明10年)から1505年(永正2年)間の『近衛家雑事要録』によれば荘園解体期のこの時期でも近衛家領は40か所前後の当知行の所領を維持していたが、戦乱の中で衰退は避けられず、1524年(大永4年)になると不知行の所領が当知行の所領を数倍上回る状態に陥った[2]

安土桃山時代織田信長豊臣秀吉の天下統一下で石高知行制が成立した後には近衛家も織田氏豊臣氏から知行地を与えられ、江戸時代に入った後の1601年(慶長6年)には徳川氏より1795石余の知行を与えられ、その後2862石余になった[2]

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の近衛家領は以下の通り。(15村・2,862余)

  • 山城国紀伊郡のうち - 1村
    • 吉祥院村のうち - 55石余
  • 山城国宇治郡のうち - 1村
    • 五ヶ庄のうち - 383石余
  • 山城国久世郡のうち - 1村
    • 枇杷庄村のうち - 394石余
  • 摂津国川辺郡のうち - 12村
    • 曼陀羅寺村のうち - 166石余
    • 外崎村のうち - 114石余
    • 外城村 - 56石余
    • 高畑村 - 31石余
    • 野田村 - 117石余
    • 植松村 - 264石余
    • 円正寺村 - 19石余
    • 南中小路村 - 38石余
    • 北中小路村 - 72石余
    • 昆陽口村 - 148石余
    • 北小路村 - 283石余
    • 伊丹村 - 716石余

明治以降の財産状況編集

1876年(明治9年)に旧来の家禄に代えて発行された金禄公債の額は5万9913円である。旧公家の華族の中では三条家(6万5000円)、岩倉家(6万2298円)、九条家(6万1071円)に次ぐ4位の額だが、旧公家華族の公債額は旧大名華族のそれとは天と地ほどの格差がある(旧大名華族トップの島津家は132万2845円)[29]

近衛家は忠熙・忠房・篤麿の三代にわたる派手な政治活動の結果、借財がかさみ、1877年(明治10年)下半期には借金額が1万5000円に達して旧公家華族で一位になっている[30]。近衛文麿は「父の政治活動は、一方借財を作る結果になり、私が14歳で父と死別したころは、私の家の財政は決して豊かなものではなかった。(中略)ある金持のごときは、こちらが現金で返すことができないので、抵当掛軸など差出すと、それを無慈悲に二度も三度も突っ返す」と回想している[3]

近衛公爵家の家政編集

近衛公爵家の家職の長は家令であり、その下に家扶1人、家従3人から4人、玄関番、馭者、家丁、そして走り使いが6、7人いた。女の使用人は老女が4人、若年寄が2人、老女隠居が2人、中臈が5人、お末が7人であった[31]。老女や中臈などは主人夫妻やその子供たちの身の回りの世話をするのが役割であり、多くは士族の家出身など身分ある者から選ばれる。主人の衣服の洗濯もするが、自分たちの衣服の洗濯はお末にやらせる。老女は本名ではなく式嶋、岩瀬、玉井、千野など源氏名で呼ばれた[31]

近衛家の風習編集

  • 近衛家は極めて質素な食生活をしていた。食事は普段は一汁二菜で、汁はほとんどが豆腐の澄し汁、菜は煮るか焼いた香の物だけだった。しかも汁は長い廊下を歩いて持ってくる間に冷たくなっているのが常だったという。財産に比して雇い人が多いので生活を切り詰めなければならないのが近衛家が質素な生活をしていた理由だった。旧大名華族の中でも富裕で名高い前田侯爵家から嫁いできた近衛篤麿夫人貞子(文麿の継母)は生家にいた頃は好きなだけ美味しい物を食べて贅沢三昧の生活を送ってきたので近衛公爵家の質素な食事に耐えられなかったという[32]
  • 近衛忠熙が生存していた頃、近衛家では3月の桃の節句に雛壇を儲けず、緋毛氈を畳に敷き、その上に雛人形を並べていた。「内裏雛は一般に天子様を象った物とされるが、天子様は神であり、そのお姿を写すのは不敬であるので天子様であろうはずはない。あの人形は公家を象った物に相違ない。公家のトップである近衛家の人間が公家の人形を檀上に飾って下から仰ぎ見なければならない理由はない。」とのことであったが、忠熙が死んだあとは近衛家でも普通に雛壇の上に飾るようになった[17]
  • 明治以降近衛家では正月に門松を立てず、日の丸の国旗を立てていた[17]

島津家・津軽家との関係編集

薩摩島津家とは鎌倉時代に主従関係を結んでいた間柄で、鎌倉時代、室町時代安土桃山時代江戸時代と時代が変われど付き合いは続いた。江戸時代には幕府が公家と大名の接触に目を光らせていたが、それでも近衛家と島津家の関係を阻止することはできなかった[33]。島津家出身の娘が徳川将軍家に輿入れする際に近衛家の養女になってから輿入れしている(徳川家斉御台所寔子徳川家定の御台所・敬子(天璋院))。

弘前藩主・津軽家とも主従関係を持ち、1593年(文禄2年)に津軽為信は近衛家より家紋に牡丹紋と系図を下賜されている[8]。津軽家は近衛家と気脈を通じていたおかげで中央の政治情勢を掴んで的確な判断を下して勝ち馬に乗ることが多かった。豊臣秀吉小田原征伐の時にはいち早く秀吉に臣従し、関ヶ原の戦いの時には近衛家と気脈を通じていたことで東軍に属し、戊辰戦争の時にも奥州20余藩が政府への反逆を開始したことを聞いた近衛忠熙が娘婿にあたる津軽藩主津軽承昭がこれに加わることを憂慮して彼に手紙を送り天下の形勢を説いて軽挙妄動がないよう説得したため津軽家は一人官軍側に立って同じく官軍の秋田藩を救い[34]、その功績で津軽承昭は従一位勲一等に叙されている[35]。明治11年(1878年)には近衛篤麿の弟である秀麿が津軽承昭の養子に入り、大正5年(1916年)に承昭が薨去すると伯爵位を継いでいる[36][37]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 太田 1934, p. 2351.
  2. ^ a b c d e f g h i j 日本大百科全書(ニッポニカ)『近衛家』 - コトバンク
  3. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 70.
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  5. ^ a b 杉森久英 1987, p. 13.
  6. ^ a b c d 大久保利謙 1990, p. 20.
  7. ^ a b c d 太田 1934, p. 2352.
  8. ^ a b c 大久保利謙 1990, p. 26.
  9. ^ 太田 1934, pp. 2350–2351.
  10. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『近衛家』 - コトバンク
  11. ^ a b 杉森久英 1987, p. 26.
  12. ^ 杉森久英 1987, p. 13/16.
  13. ^ 杉森久英 1987, p. 15-16.
  14. ^ 杉森久英 1987, p. 16.
  15. ^ 大久保利謙 1990, p. 24.
  16. ^ a b 杉森久英 1987, p. 31.
  17. ^ a b c 杉森久英 1987, p. 39.
  18. ^ 杉森久英 1987, p. 31/51.
  19. ^ 杉森久英 1987, p. 51.
  20. ^ 小田部雄次 2006, p. 361.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 262-263.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 284.
  23. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『近衛文麿』 - コトバンク
  24. ^ 小田部雄次 2006, p. 298-299.
  25. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 305.
  26. ^ 旧近衛邸”. 西尾市観光協会. 2021年5月5日閲覧。
  27. ^ a b 杉森久英 1987, p. 45.
  28. ^ 荻外荘の歴史”. 杉並区. 2021年8月25日閲覧。
  29. ^ 小田部雄次 2006, p. 62.
  30. ^ 小田部雄次 2006, p. 69-70.
  31. ^ a b 杉森久英 1987, p. 33.
  32. ^ 杉森久英 1987, p. 35.
  33. ^ 杉森久英 1987, p. 26-29.
  34. ^ 杉森久英 1987, p. 18-19.
  35. ^ 大久保利謙 1990, p. 10.
  36. ^ 杉森久英 1987, p. 43.
  37. ^ 大久保利謙 1990, p. 8.

参考文献編集

  •  太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「近衛 コノヱ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2350-2353頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/2693 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366
  • 近衛忠大・NHK「真珠湾への道」取材班『近衛家の太平洋戦争』(日本放送出版協会2004年ISBN 4-14-080839-X
  • 杉森久英『近衛文麿』河出書房新社、1987年(昭和62年)。ISBN 978-4309004877
  • 瀬川淑子『皇女品宮の日常生活 『无上法院殿御日記』を読む』(岩波書店2001年ISBN 4-00-022812-9
  • 谷口研語『流浪の戦国貴族 近衛前久 天下一統に翻弄された生涯』(中公新書1994年ISBN 4-12-101213-5
  • 羽倉敬尚『幕末の宮廷』(平凡社、1979年4月)
  • 橋本政宣『近世公家社会の研究』(吉川弘文館2002年ISBN 4-642-03378-5
  • 湯川敏治『戦国期公家社会と荘園経済』(続群書類従完成会、2005年ISBN 4-7971-0744-8
中世後期近衛家の家族構成と家産経済の考察。
系譜参考

関連項目編集