過積載監視システム

過積載監視システム(かせきさいかんしシステム)とは、道路監視システムの一種である。正式名称は車両重量自動計測装置。

概要編集

終日監視を目的に1994年(平成6年)に設置がはじまった。全国に41箇所ある。 道路上に設置されたカメラで通過車両を撮影し[1]過積載に加え、高さ、全長、車幅が制限を超えた車両も取り締まる。兵庫県の国道43号にある5箇所を除き、オンライン化はされていない[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 弁護士法人ALG&Associates (2015年8月7日). “道路上で見かける機械”. いいねを押したい弁護士ブログ. https://avance-media.com/keiji/201508075 2016年1月21日閲覧。 
  2. ^ 朝日放送株式会社 (2008年4月25日). “4/25 (金) 過積載監視システムの実態は?”. http://asahi.co.jp/php/move/news/index.php?code=0311&base_day=200804 2016年1月21日閲覧。 

関連項目編集