メインメニューを開く

道の駅信州新野千石平

長野県下伊那郡阿南町にある国道151号の道の駅

道の駅信州新野千石平(みちのえき しんしゅうにいのせんごくだいら)は、長野県下伊那郡阿南町にある国道151号道の駅である。

信州新野千石平
道の駅信州新野千石平
所在地 399-1612
長野県下伊那郡阿南町
新野2700
座標
登録路線 国道151号
登録回 第16回 (20034)
登録日 2000年8月18日
開駅日 2001年4月20日
営業時間 8:00 - 18:00
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

沿革編集

  • 2000年(平成12年)8月18日 - 道の駅に登録される。
  • 2015年(平成27年)1月30日 - 重点道の駅候補に選定される[1]
  • 2016年(平成28年)1月27日 - 国土交通省により平成27年度重点「道の駅」に選定される[2]

主な施設編集

運営は株式会社 蔵が行っており、名産品としては幣束御幣餅が有名で、夏はオリジナルブレンドとうもろこし、あんみつ姫・甘太郎などの特産物があり、愛知県・静岡県の避暑地になっている。

  • 駐車場
    • 普通車:47台
    • 大型車:5台
    • 身障者用 : 2台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 2器、小 3器
    • 女:5器
    • 身障者用:1器
  • 公衆電話
  • 食堂(9:00 - 17:00)
  • 売店(8:00 - 18:00)

休館日編集

  • 年中無休

アクセス編集

周辺編集

  • 農村文化伝承センター

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集