メインメニューを開く

月光太子(げっこうたいし、生没年不詳)は、大加耶第10代にして最後の王(在位:不詳 - 562年)。別名で道設智王とも言う。

月光太子
大加耶
第10代国王
王朝 大加耶
在位期間 不詳 - 562年
生年 不詳
没年 不詳
異脳王
新羅伊飡(2等官)の比助夫の娘
月光太子
各種表記
ハングル 월광태자
漢字 月光太子
発音 ウォルグァンテジャ
日本語読み: げっこうたいし
テンプレートを表示

父は異脳王、母は新羅伊飡(2等官)の比助夫の娘である。

562年異斯夫斯多含が率いる新羅軍に攻め込まれ、大加耶が新羅に合併された。

一説には、母親の生国である新羅との国交の状況悪化により、反新羅勢力に命を狙われた結果新羅に亡命、562年の新羅による大加耶合併後に傀儡政権として一時期即位した時に道設智王を名乗ったとされ、第16代の王とされるが第10代が正確とされる。

関連項目編集

外部リンク編集