メインメニューを開く
塑造道詮律師像(法隆寺夢殿)

道詮(どうせん、延暦16年(797年)? - 貞観15年3月2日873年4月2日)?)は、平安時代前期の三論宗武蔵国の出身。没年については876年とする説もある。

法隆寺寿仁のもとで出家し、東大寺玄耀に三論教学を学んだ。ほかに真言密教も学んだと伝えられている。854年斉衡元年)に大極殿での最勝会講師、857年天安元年)に御前論議座主をつとめ、864年(貞観6年)には権律師に任じられ、その後律師に昇任している。聖徳太子(574年-622年)を尊崇して法隆寺夢殿を再興し、法隆寺の学問振興に力を注いだ。晩年は、富貴寺(ふきじ、奈良県川西町)を建立してそこに隠棲している。