メインメニューを開く

道邃(どうすい、生没年不詳)は、中国代の天台宗の僧侶。一説には、天台宗の第7祖とされる。

道邃
諡号 興道尊者
尊称 止観和尚
生地 京兆府長安
宗派 天台宗
寺院 龍興寺
荊渓湛然
弟子 乾淑
著作 『謹録邃和尚止観中異義』

事績編集

俗姓は王氏。興道尊者と諡される。また俗に止観和尚と称される。

元来は、唐の顕官であったが、官より退いて出家した。大暦年間(766年 - 779年)に第6祖湛然の弟子となり、5年間の間、研鑽を積み、遂に天台法門の心要を会得した。

以後、江南地方で講説の旅を続け、貞元12年(796年)に天台山に入り、9年の間、大衆僧の化導に当たった。9年の歳月が流れ、貞元20年(804年)に臨海龍興寺に移った。その翌年に、この地で最澄が、天台法門を授かる。

伝記資料編集

師:荊渓湛然天台宗(中国)弟子:乾淑