遠藤 剛(えんどう たけし、1939年 - )は、日本化学者東京工業大学名誉教授。東京工業大学資源化学研究所長や、山形大学副学長、近畿大学副学長、九州工業大学特別教授・研究統括、高分子学会会長などを歴任した。

人物・経歴編集

日本統治時代の台湾生まれ[1]。1964年横浜国立大学工学部応用化学科卒業。1969年東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻博士課程修了、工学博士。東京工業大学資源化学研究所助手、東京工業大学資源化学研究所助教授を経て、1986年東京工業大学資源化学研究所教授。1991年東京工業大学資源化学研究所所長。2000年東京工業大学名誉教授[1][2]山形大学工学部機能高分子工学科教授[3]。2001年山形大学工学部長[1]。2002年高分子学会会長[4]。2004年国立大学法人山形大学理事・副学長。2005年近畿大学分子工学研究所副所長。2006年近畿大学分子工学研究所所長。2007年近畿大学副学長を併任。2019年九州工業大学分子工学研究所特別教授(Distinguished Professor)、研究統括(Director of Research)。高分子学会賞、日本化学会化学技術賞、日本合成樹脂協会学術賞、合成樹脂工業協会特別賞ほか多数受賞[3][1][5][6][7][8]

脚注編集

[脚注の使い方]


先代:
梶山千里
高分子学会会長
2002年 - 2004年
次代:
岡本佳男