那須 正彦(なす まさひこ、1928年1月5日[1] - )は、日本の経済学者、明海大学名誉教授。

略歴編集

岡山県岡山市出身。1953年東京大学経済学部卒業。旧太陽銀行(現三井住友銀行)に入行し、審査部総務課長、奥沢支店長、大阪副支店長等を歴任。1976年太陽火災海上保険常務取締役に出向。1981年、太陽神戸銀行に復帰、審議役。1982年中部工業大学(現中部大学)教授に転じる。1990-1993年経営情報学部長。1993年明海大学経済学部教授。2000年定年、名誉教授となる。1988年「現代日本の金融構造 資金循環分析による実証と国際比較」で法政大学経済学博士。専攻は経済学、金融論[2]

著書編集

  • 『相互銀行』東洋経済新報社(東経新書) ニュー・バンキング・セミナー 1965
  • 『現代日本の金融構造 資金循環分析による実証と国際比較』東洋経済新報社 1987
  • 『実務家ケインズ ケインズ経済学形成の背景』1995 中公新書
  • 『ケインズ研究遍歴』中央公論事業出版 (制作・発売) 2012

翻訳編集

  • 『ケインズ全集 第28巻社会・政治・文学論集』ドナルド・モグリッジ 編 東洋経済新報社 2013

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 『ケインズ研究遍歴』著者紹介