郁久閭皇后(いくきゅうりょこうごう、525年 - 540年)は、西魏文帝の2人目の皇后柔然の出身。

郁久閭皇后
西魏の皇后
在位 538年3月 - 540年

別称 悼皇后
出生 525年
死去 540年
埋葬 永陵
配偶者 文帝
父親 阿那瓌
テンプレートを表示

経歴編集

柔然の阿那瓌の長女として生まれた。容色は端厳と評され、知恵を持っていた。

大統初年、柔然がたびたび西魏の北辺を侵犯したため、文帝は柔然と盟約を結び、通婚を約束した。西魏の扶風王元孚が彼女を迎える使者として立った。元孚が南面を請うたが、彼女は「わたしは魏主にまみえていないのだから、柔然の娘である。魏の武官が南に向き、わたし自らは東面しよう」と答えた。

538年(大統4年)1月、長安に入った。3月、皇后に立てられた。540年(大統6年)、懐妊し、難産が祟って死去した。享年は16。少陵原に葬られた。551年(大統17年)、永陵に合葬された。悼皇后された。

伝記資料編集

関連項目編集