メインメニューを開く

部活少女ゆう』(ぶかつしょうじょゆう)は、原作サムシング吉松、作画AM-DVLによる日本漫画作品。2009年2月2日から2011年9月1日Webコミックゲッキン』にて連載された。

部活少女ゆう
ジャンル コメディお色気漫画
漫画
作者 AM-DVL,サムシング吉松
出版社 バンダイビジュアル
掲載誌 Webコミックゲッキン
レーベル エモーションコミックス
発表期間 2009年2月2日 - 2011年9月1日
巻数 全1巻
話数 全22話
テンプレート - ノート

全役を小林ゆうによりラジオドラマ化され、2010年4月1日より同年12月1日まで配信された[1]

あらすじ編集

主人公ゆうは私立バンビ学園に通いながらも、ホームレス状態の女子高生。 そんなある日、彼女は部活動をして、その部費で食べていくことを思いつく。 そして彼女はさまざまな部を転々としていくのだった。 様々な部活の猛者(?)達と戦っていく。

登場人物編集

メインキャラクター編集

ゆう
主人公。長い黒髪の女子高生。両親が蒸発して離れ離れにんなって暮らしているため、いつもひもじい思いをしていて、時にバットを食べたりもする。
甲府 あい(こうふ あい)
ゆうに突っ込みを入れる女子高生でゆうの後輩。ゆうのことは、ゆう先輩と呼ぶ。18話目にしてフルネームが登場した。ゆうに巻き込まれお色気を担当してしまう。
校長
ゆうの通う私立バンビ学園の校長。ゆうに振り回されている。たびたびセクハラ行為を行う。
ヒナ
校長の娘。校長のことはお父様と呼んでいる。ゆうのことは、ゆう先輩と呼ぶが感情が高まった時は赤貧JKと呼ぶ。

サブキャラクター編集

俺部
本名不明。手品の部活のためにゆう達を追い出そうとした。
アニマル部部長
本名不明。動物のコスプレをしている。
スペースオペラ部部長
本名不明。自称お蝶夫人。人見知りだったがゆう達により仮面オペラ部として目覚める。
登山部部長
本名不明。ゆうが勉強に困っていた時に現れた。
車 寅美(くるま とらみ)
テキ屋部部長。あいをネタにくじを作った。
運動部部長
本名不明。部室を賭けて障害物競争を挑む。
文化 遥(ふみのけ はるか)
文化祭部部長。文化祭が中止になる不祥事を起こした。
桃野 ハナ(ももの ハナ)
ひなまつり部を設立したが、亡くなった。そのため未練が残り、幽霊になった。
麻宮 ハテナ(あさみや ハテナ)
クイズ部の新入生。高校生クイズを目指している。
登まごい ピチ(のぼりまごい ピチ)
鯉のぼり部部長。鯉のぼりを広めようと踊っている。
泊 京香(とまり きょうか)
合宿部部長。校長の家に合宿する。
早乙女 i(さおとめ あい)
電子書籍部長。
飛魚 はやめ(とびうお はやめ)
水泳部部長。作中に登場する部員の中では最もまじめに活動している模様。
南極 仁衣子(なんじょう にいこ)
越冬部部長。寒さに耐久力がある。
浦名井 あたり(うらない あたり)
占い部。自称占いJK。
根呂・ぱとら・フランダッシュ(ねろ・ぱとら・フランダッシュ)
最終回部部長。

単行本編集

エモーションコミックスより刊行。

出典編集

  1. ^ “部活少女ゆう”. Webコミックゲッキン. オリジナルの2011年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110713134025/http://www.comic-gekkin.com/works/you/radio/ 2019年6月2日閲覧。 

外部リンク編集