郭 充(かく じゅう)は、前燕慕容仁幕僚である[1]

概要編集

高句麗4世紀以降の国家発展に無視できない役割を果たした中国人の高句麗流入者の一人であり、336年建武2年)に慕容皝の討伐にあい、同じく慕容仁の幕僚である冬寿とともに高句麗に亡命した[1]

脚注編集

  1. ^ a b 李成市『古代東アジアの民族と国家』岩波書店、1998年3月25日、24頁。ISBN 978-4000029032