郭 勝(かく しょう、? - 189年?)は後漢時代末期の宦官荊州南陽郡の人。

霊帝の時代、宦官の趙忠張譲が権勢を振るった時期に、中常侍に任命された12名の宦官の一人であり、十常侍と呼ばれた。霊帝の寵愛を受け全員列侯され、子弟を地方の官職につけて私腹を肥やした。黄巾の乱が勃発すると、郎中の張鈞は十常侍が乱世の元凶として彼等を斬ることを上奏したが、皇帝には容れられなかった。

郭勝は何進と同郷であったため、何進の妹を霊帝の后とするなど、外戚である何氏とも通じていた。189年、霊帝が病没し、太子の劉弁(何氏の子)が即位すると、外戚の何氏と董氏との間で権力争いが勃発する。郭勝は何進と同郷であったため、何氏と内通し、董氏に味方した宦官蹇碩を滅ぼした。

やがて何進と十常侍も対立し、何進が暗殺されると、その部下の袁紹達は挙兵し趙忠や張譲など宦官達を皆殺しにした。郭勝もこの攻撃で殺されたと思われる。

参考資料編集