メインメニューを開く
本来の表記は「鄂隠慧奯」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鄂隠 慧奯(がくいん えかつ、正平12年/延文2年(1357年)- 応永32年2月18日1425年3月8日)、奯は(大+歳))は、南北朝時代から室町時代中期にかけての臨済宗。諱は初め梵奯とし、のちに慧奯と改めている。字は初め鄂隠と称し、いったん大奯と改めたが、後に鄂隠に戻している。別号は関西。諡号は仏慧正続国師。出身は筑後国

幼い頃に絶海中津に従って出家し、その法を継いだ。1386年至徳3年/元中3年)にに渡り、10年間滞在した後日本に帰国。1414年(応永21年)に京都相国寺塔頭鹿苑院の院主となったが、その後土佐国に隠遁した。