酒井三郎(さかい さぶろう、1907年4月7日 - 1993年1月23日)は、昭和時代の団体職員。昭和研究会大政翼賛会、住友通信機、参議院緑風会を経て、日本民間放送連盟創立に参画。

経歴編集

静岡県に生まれる。1930年に青山学院英文科卒業後、大日本青年団本部編集部に入る。後に後藤隆之助と共に青年団を退団し、側近として昭和研究会に参加。のち大政翼賛会、住友通信機、参議院緑風会に所属。

1951年に日本民間放送連盟創立に参画し、事務局長、常務理事を経て、1963年に3月専務理事に就任。1972年12月より日本音楽著作権協会理事長を務めた。

回想記『昭和研究会 ある知識人集団の軌跡』(TBSブリタニカ、1979年、講談社文庫1985年中公文庫1992年)を著した。  

外部リンク編集