酒井 修(さかい おさむ、1970年6月10日 - )は日本空道家。浪速の超特急ガラスのハードパンチャー関西の虎の異名で知られる。

大阪市出身。国際空道連盟大道塾関西本部所属。1990年代の大道塾においてエースとして活躍し、中量級、軽重量級、無差別級において王者となった。一撃必殺の打撃力を持ち、1995年北斗旗空手道選手権大会無差別級のアレクセイ・コノネンコ選手との試合での、上段回し蹴りによる失神KO勝ちが有名。

来歴編集

  • 1991年 - 北斗旗空手道選手権大会中量級優勝
  • 1992年 - 北斗旗空手道選手権大会軽重量級準優勝
  • 1994年 - 北斗旗空手道選手権大会軽重量級優勝(最優秀勝利者賞)
  • 1995年 - 北斗旗空手道選手権大会無差別級優勝(史上初の北斗旗4冠)

エピソード編集

参考文献編集

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2018年10月)

関連項目編集