メインメニューを開く

酒井 忠亮(さかい ただあき、明治3年閏10月2日1870年11月24日) - 昭和3年(1928年8月1日)は、明治時代から昭和時代前期の華族。忠稠系小浜藩酒井家別家、越前国敦賀藩第8代藩主・酒井忠経の長男。幼名は松之助。正室は松平康英の娘鉚。子は酒井忠英、義男。

東京に生まれ、明治17年(1884年)7月8日の華族令により子爵となる。学習院高等科、帝国大学法科を卒業。明治34年(1901年)、貴族院議員に選出され、研究会に属し常務委員を務めた。大正2年(1913年)3月15日、伯剌西爾(ブラジル)拓殖株式会社が設立され、取締役会長となる。横浜正金銀行、高砂商事、海外興産等の役員を務めた。昭和3年(1928年)、59歳で死去した。子の忠英が跡を継いだ。

栄典編集

位階
勲章等

脚注編集

  1. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  2. ^ 『官報』第1024号「叙任及辞令」1915年12月29日。
  3. ^ 『官報』第3755号「叙任及辞令」1925年3月2日。
  4. ^ 『官報』第488号「叙任及辞令」1928年8月11日。

参考文献編集

  • 日本人名大辞典(講談社)
  • 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和(日外アソシエーツ、2003年)


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
敦賀酒井家初代
1884年 - 1928年
次代:
酒井忠英