メインメニューを開く

酒井 隆吉(さかい りゅうきち、生没年不詳)は、日本官僚釧路市長

経歴編集

石川県出身。1898年(明治31年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科を卒業し、1903年(明治36年)に高等文官試験に合格した[1]専売局[1]、同主事補[2]青森県理事官[3]樺太庁内務部長などを歴任し、1926年大正15年)に退官した[4]

退官後の1927年(昭和2年)に釧路市長に就任した[5]

脚注編集

  1. ^ a b 戦前期日本官僚制の制度・組織・人事 1981, p. 457.
  2. ^ 『官報』第8308号、明治44年3月6日。
  3. ^ 『官報』第1373号、大正6年3月2日。
  4. ^ 元樺太庁内務部長酒井隆吉特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11113598800 
  5. ^ 釧路市『釧路郷土史考』、pp.158-159、1936年。

参考文献編集

  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。