酷吏(こくり)とは法律を威にかざし、人に罪を被せて処罰、処刑する役人に対する蔑称。

概要編集

酷吏とは法律を威にかざし、人に罪を被せて処刑する役人への侮蔑的な意味合いを持つ俗称として用いられる。

この言葉は司馬遷の『史記列伝』の「酷吏列伝 - 第六十二」から始まったが、この言葉が発生した当初は多少侮蔑的な意味合いを含ませていたとしても、原則的には法家主義に則り、法律を厳格に適用する役人を指した。

時代が下るに従って、冤罪の捏造、拷問係など、いわゆる「汚れ仕事」全般を行う官吏を指す蔑称となった。

酷吏は前漢景帝時代から台頭し始め、武帝時代では重用されたため、他の官吏も出世のために彼らの行いを見習ったという。

「酷吏列伝 - 第六十二」には、侯封郅都寧成周陽由趙禹張湯義縦王温舒尹斉楊僕減宣杜周らが酷吏として名を挙げられ伝記を記されている。

ちなみに、対比として法律に従い正しく人を導く役人を循吏(じゅんり)と呼んでいる。

参考文献編集

  • 史記』巻62酷吏列伝