メインメニューを開く

酸化発酵(さんかはっこう、oxidative fermentation)は発酵の一種である。

概要編集

好気性微生物分子状の酸素を利用して、基質酸化する発酵である。この時、基質は完全に酸化されるとは限らず、従って二酸化炭素の発生を伴わない場合もある。

種類編集

酸化発酵の結果として蓄積される有機化合物の種類により、以下のように呼び分けられる。

参考文献編集

  • 『生物学辞典』八杉竜一ほか、岩波書店、1996年、第4版。ISBN 978-4000800877