野原 休一(のはら きゅういち、明治4年11月10日1871年12月21日長府(現下関市) - 昭和23年(1948年6月29日 下関)は、(旧制)中学の物理化学の教師でエスペランティスト東京高等師範学校を出て、長く山口県立豊浦中学校に勤めた。

1906年の日本エスペラント協会(JEA)設立時からの会員であり、日本古典、漢籍仏典を精力的にエスペラントに翻訳した。1939年にはエスペラント界の賞である小坂賞の第1回を日本書紀のエスペラント訳を機に受賞した。なお、キリスト教徒であった。

著作編集

訳は全てエスペラントへの翻訳。

参考文献編集

外部サイト編集