メインメニューを開く

山口県立豊浦高等学校(やまぐちけんりつ とよらこうとうがっこう)は、山口県下関市長府宮崎町に所在する公立高等学校。読み方はとようらではなくとよらである。とよらは地域名であり、穴門豊浦宮(あなとのとゆらのみや)に由来とすると言われている。2003年平成15年)までは男子校であった。

山口県立豊浦高等学校
Toyora HS (Shimonoseki).JPG
過去の名称 藩校敬業館
(旧制)豊浦中学校
(旧制)長府中学校
山口県立下関東高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
併合学校 長府女子高等学校
(のち長府高等学校として分離)
校訓 校訓三綱
(至誠一貫、進取向上、自治協同)
設立年月日 1792年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 35144A
所在地 752-0984
山口県下関市長府宮崎町1-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
山口県立豊浦高等学校の位置(山口県内)
山口県立豊浦高等学校

目次

設置学科編集

沿革編集

  • 1792年5月 - 長府藩毛利匡芳、長府侍町に藩校敬業館を設立
  • 1880年6月 - 県立豊浦中学校と改める
  • 1884年2月 - 山口中学校豊浦分校と改称
  • 1901年5月 - 山口県立豊浦中学校と改称
  • 1923年4月 - 山口県立長府中学校と改められる
  • 1931年7月 - 山口県立豊浦中学校に校名が復旧する
  • 1948年4月 - 新教育制度により山口県立豊浦高等学校となる
  • 1949年4月 - 長府女子高等学校と統合し、山口県立下関東高等学校と改称
  • 1951年4月 - 定時制王喜、東部分校を厚狭高下関西高から本校に移管
  • 1953年3月 - 定時制東部分校を廃止
  • 1954年4月 - 下関東高等学校を解消、長府高等学校と分離し、山口県立豊浦高等学校と改称
  • 1967年3月 - 王喜分校を廃止し、本校のみの学校となる
  • 1999年10月 - 創立100周年記念事業
  • 2003年4月 - 男女共学となる
  • 2005年4月 - 新校舎完成
  • 2005年12月 - 体操場・卓球練習場(第二体育館)が完成

制服と昼食方法編集

  • 男子:男子校時代から継続しており、金ボタン5個の黒詰襟学生服(標準型学生服)、学帽あり
  • 女子:ブレザー、白ブラウスに棒ネクタイ
  • 男子校時代から食堂も設置。

進学状況編集

毎年国公立大には20 - 30人前後が合格している。その内でも旧帝国大にも数人合格する。また私立大への進学者も多い。

部活動編集

  • 運動部
    • 男子バスケットボール部・男子陸上部・男子体操部・男子レスリング部などは県内では強豪校の一つとして知られている。

著名な出身者編集

太字は故人

政治編集

経済編集

文学編集

マスコミ編集

芸能界編集

映画・音楽編集

教育界編集

  • 木村男也(東北大学病理学講座初代教授、医学部長)
  • 青木正児(東北大学教授 京都大学教授 山口大学教授 立命館大学名誉教授 学士院会員)
  • 山岡憲二(九州大学医学部教授、学士院会員)
  • 福士政一(日本医科大学教授、いれずみ研究)
  • 松山基範(地球物理学者・山口大学初代学長)
  • 田岡良一(京都大学名誉教授・国際法)
  • 入江啓四郎(成蹊大学政治経済学部長・国際法)
  • 岡沢秀虎(早稲田大学教授・ロシア文学)
  • 町野碩夫(鹿児島大学医学部長、学長)
  • 向井輝美(九州大学教授、集団遺伝学)
  • 佐藤泰正(元梅光女学院大学学長、梅光学院大学客員教授、国文学)
  • 海原徹(元京都学園大学学長、京都大学名誉教授、教育史)
  • 池田啓(兵庫県立大学教授、コウノトリの郷公園研究部長)
  • 門屋光昭(盛岡大学文学部長)
  • 井上泰山(関西大学教授、中国文学)
  • 竹本孝弘(東京海洋大学教授)
  • 杉山崇(神奈川大学教授・心理学、心理相談センター所長)

スポーツ編集

甲子園出場編集

  • 選抜(春)2回、選手権(夏)3回
    1919年 - 選手権(山口県の高校では甲子園初出場)
    1953年 - 選手権(下関東時代)
    1962年 - 選抜
    1979年 - 選手権(甲子園初勝利)
    1997年 - 選抜

関連項目編集

外部リンク編集