メインメニューを開く

野崎 千春(のざき ちはる、1973年5月12日 - )は、北海道本別町出身の元中長距離スピードスケート選手。弟の野崎貴裕[1]も元スピードスケート日本代表選手。


人物編集

1992年に北海道本別高等学校卒業後、三協精機(現・日本電産サンキョー)スケート部に入部。1996年に全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。1998年長野オリンピックで1500m15位、3000m17位の成績を収める。2000年に現役を引退後、カナダに留学[2]。2001年に早稲田大学第二文学部に入学[2]、英語教員免許を取得[2]。大学を卒業後、2005年に高校教諭となる[2]

自己ベスト編集

  • 500m:40秒52(1999年)
  • 1000m:1分19秒64(1998年)
  • 1500m:2分00秒60(2000年)
  • 3000m:4分13秒03(2000年)
  • 5000m:7分27秒85(1998年)

脚注編集

外部リンク編集