メインメニューを開く

野村 萬作(万作、のむら まんさく、1899年-1978年)は、初代奈良県公選知事(在任1947年 - 1951年)。

経歴編集

野村は内務官僚出身の元官選知事で、1947年に行われた第一回公選知事選挙に立候補、社会党日本共産党推薦の弁護士出身で元官選知事の小野正一(生没年1898年 - 1978年)が5人の候補者中第一位となったが、法定得票の37.5%に達せず、決選投票に持ち込まれることになった。しかし、再選挙直前、小野は突然公職追放となり、第二位の野村万作が初代公選知事に就任した。

在任中、自治体警察発足や県立高校新設などを手がけたが、1951年の知事選挙で同じ内務官僚出身の奥田良三に敗れた。