メインメニューを開く

野沢 豊(野澤 豊、のざわ ゆたか、1922年7月24日 - 2010年10月26日)は、日本の中国史学者。

略歴編集

静岡県駿東郡原町(現沼津市原)生まれ。1938年沼津市東京電灯沼津支店臨時雇員、1939年上京、1941年私立巣鴨商業高等学校夜間部3年次に編入、1943年東京高等師範学校文科第五部(国語科)に入学。1945年特別甲種幹部候補生(迫撃砲科)として習志野ガス学校に入隊、8月除隊。1946年東京文理科大学東洋史学専攻に入学。1949年卒業、副手となる。1952年東京教育大学文学部東洋史学科助手、同専任講師、1969年中央大学商学部専任講師、1975年東京都立大学教授。1986年退職。1987年駿河台大学法学部教授。1996年退職。

1952年~1954年現代中国学会(現、日本現代中国学会)初代事務局長。文化大革命中は文革に批判的立場をとった。1981年8月 個人雑誌『近きに在りてーー近現代中国をめぐる討論のひろば』を汲古書院から創刊。1991年、中国の華中師範大学より名誉教授[1]

著書編集

共編著編集

脚注編集