野田 時寛(のだ ときひろ、1951年 - )は、日本言語教育学者。

来歴編集

東京都に生まれる。東京都立秋川高等学校を経て、1982年に東京外国語大学を卒業した[1][2]。引き続き同大学大学院に進み、 日本語学を専攻した。

1987年4月より、東京外国語大学附属日本語学校助教授に就任(1992年3月まで)。1993年4月より中央大学法学部に移り、2017年4月に教授(大学院人文社会アジア文化研究先行インド哲学仏教学講座教授)に昇進した。2018年中央大学退職[2]

著書編集

出典はreserchmap[2]

  • 『日本語テストハンドブック』日本語教育学会編集、大修館書店1991年
  • 『留学生のためのキャンパス・ジャパニーズ-大学に入って困らないために』専門教育出版、1992年
  • 『日本語動詞文型用例辞典(試用版)』2014年
  • 文法記述の諸相(中央大学人文科学研究業書 ISBN 978-48057-5339-2

所属学会編集

  • 日本語教育学会会員

脚注編集

  1. ^ 『秋川高校同窓会名簿』第6号
  2. ^ a b c 野田時寛 - reserchmap