メインメニューを開く

量子化

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

量子化(りょうしか、: quantization)とは、ある物理現象について量子を規定し、その物理量を量子の整数倍として表現すること。

物理学における量子化編集

ある物理現象が、量子条件に合うような離散的な物理量をもつこと。 古典力学の理論から量子力学の理論に移行するための手続きそのものを指す場合もある。具体的には正準量子化経路積分量子化、確率過程量子化などが存在する。 正準量子化および幾何学的量子化英語版も参照。

情報技術における量子化編集

  量子化 (信号処理)英語版量子化 (画像処理)英語版及び色の量子化を参照

信号処理画像処理において、信号の大きさを離散的な値で近似的に表すこと。大きさを表すのに用いるビットの数を量子化ビット数と言い、これが増えるほど微細な大きさの違いを表現することができる(量子化誤差が減る)が、データの量が増える。データ圧縮においては、量子化ビット数を減らすことによりデータ量を減らすことができるが、量子化誤差は大きくなる。

数学における量子化編集

関連記事編集