金網入りガラス(かなあみいりガラス)とは、単板ガラスの内部に金網(ワイヤー)を封入したもの。

金網入りガラス

概要編集

主に火災による破損時のガラスの飛散防止[1]を目的としており、建築基準法・施行令に基づく「平成12年建設省告示1360号第1の2 ニ」で規定されている[2]

封入される金網はひし形状、格子状がある。 金網に限定せず、平行線上に金属線が封入されているものを含めると線入りガラスワイヤー入りガラスとも言われる[3]が、平行線入りガラスは一般的には防火用としては用いられない[4]

ガラス破損時に金網がガラスを支えるため、飛散防止に効果があるものの、ガラス破りをする空き巣にとっては逆に仕事がしやすいという利点となるため、防犯性能は期待できない[1][5]

脚註編集

参考文献編集