金角・銀角

金角・銀角(きんかく・ぎんかく)は、『西遊記』に登場する兄弟魔王。金角大王(きんかくだいおう)・銀角大王(ぎんかくだいおう)とも。平頂山蓮華洞(へいちょうざんれんげどう)を住処としている。

名前が示す字面から、日本では角の生えた姿で描かれることが多いが、叔父や母に当たる者は狐の変化であるため、その正体は狐狸精であることがわかる。

本相は太上老君の金炉と銀炉の番をしている童子たちで、老君の5つの宝貝を持ち出して下界に降りて妖怪となっていた。5つの宝貝とは、琥珀浄瓶こはくじょうびょう七星剣しちせいけん芭蕉扇ばしょうせん幌金縄こうきんじょう、呼びかけた相手が返事をすると中に吸い込んで溶かしてしまう瓢箪の紅葫蘆べにひさごのことである。琥珀浄瓶は紅葫蘆と同様、返事をした相手を吸い込むことができる。

銀角自身は山を動かす術を得意とし、須弥山峨眉山泰山の3つの山で悟空を封じたりした。

エピソード編集

三蔵一行が平頂山に辿りついた頃、悟空は猪八戒を懲らしめる意味も含めて偵察に行かせるが、八戒は銀角に捕まってしまう。八戒がなかなか帰ってこないため、しかたなく八戒を探しながら進むことにしたが、山頂で待ち伏せしていた銀角に3つの山で悟空は封じられ、三蔵と悟浄まで捕えられてしまった。

3つの山の神を呼び出して山をどかしてもらった悟空は、仲間を取り戻すために金角・銀角たちと宝貝の奪い合いをする。最終的には銀角を紅葫蘆の中に吸い込み、金角を浄瓶の中に吸い込む。

その後、太上老君に5つの宝貝を返したところ、紅葫蘆と浄瓶から童子たちが出てくる。実は、童子たちは三蔵一行の試練のため、あえて悪役を演じていたのだった。

参考文献編集