メインメニューを開く

金鳥洞 石賀(きんちょうどう せきが、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴編集

金長洞、石賀と号して安永期に細判錦絵役者絵を描いている。なお、天明4年(1784年)の『やなひ筥』二編(麻布柳水連主催)に石賀の名で3句入選しているが、金長洞石賀と同一人物かは未詳である。

作品編集

  • 「大谷広次」 細判
  • 「芳沢崎之助」 細判

参考文献編集