鈴木 將義(すすき まさよし、5月3日 -)は日本フリーランスライター。本名非公開。

来歴・人物編集

当初は国語の教師を志し、大学では国文学を専攻していたが、大学在学中の90年代半ばに、サブカル系月刊誌でライターとしてデビューすると、教員への道を諦め、そのまま本格的な文筆活動を開始する。その後、ライターとしての活動を継続しつつも、そのかたわら、芸能プロダクションや番組制作会社に勤務、自民党代議士鴨下一郎事務所の政策秘書研修生などを経て、その経験を活かす形で、以後、テレビ番組のブレーンリサーチャーさらにはゲームクリエイターとしても活動し、数々の作品の制作を行う。

また、90年代後半からは、ITブームに触発される形で、2006年にはオンラインゲーム運営会社・ハイファイブ・エンターテインメントプロモーターとして、同社のプロモーション活動を行い、翌2007年にはIT企業・株式会社サクラゲートの創業メンバーとして、同社の取締役に就任。2008年に健康上の理由に同職を退任した後は、個人としての創作活動と平行する形で、同社の顧問に就任している。

テレビ番組編集

WEB・ゲーム編集

おもな雑誌・ムック本・書籍編集

※上記著作はすべて寄稿および制作協力、共著という形をとっている。

脚注編集

[ヘルプ]