メインメニューを開く

鈴木 恒男(すずき つねお、1942年 - )は、日本実業家。国有化前の日本長期信用銀行で最後の頭取を務め、国有化の承認を行った。

人物・経歴編集

宮城県生まれ。1965年東北大学経済学部卒業、日本長期信用銀行入行。大阪支店営業第三部長を経て[1]、1986年企画部企画室長。1990年審査部長[2]。1992年から取締役事業推進部長として不良債権処理にあたった。取締役営業企画部長を経て、1995年常務取締役。1998年副頭取・頭取代行。同年日本長期信用銀行の「最後の頭取」に就任し、日本リースの破綻などを受け、取締役会で国有化の承認を行った[1][3][4]

著書編集

脚注編集

関連項目編集

先代:
大野木克信
日本長期信用銀行頭取
1998年
次代:
安斎隆