鉄のカーテン (映画)

鉄のカーテン』(The Iron Curtain)は、ウィリアム・A・ウェルマン監督、ダナ・アンドリュース及びジーン・ティアニー出演の1948年のアメリカ合衆国のスリラー映画である。イゴール・グーゼンコ英語版の回想録を基にミルトン・クリムス英語版が脚本を執筆した[2]。撮影はカナダのオンタリオ州オタワで行われた[3]。後に再公開された際には『Behind the Iron Curtain』という題が使われた。

鉄のカーテン
The Iron Curtain
監督 ウィリアム・A・ウェルマン
脚本 ミルトン・クリムス英語版
原作 イゴール・グーゼンコ英語版
製作 ソル・C・シーゲル
ナレーター リード・ハドレー英語版
出演者 ダナ・アンドリュース
ジーン・ティアニー
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 チャールズ・G・クラーク英語版
編集 ルイス・R・ロフラー英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年5月12日
日本の旗 1949年9月13日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2 million (US rentals)[1]
テンプレートを表示

ソ連の作曲家のドミートリイ・ショスタコーヴィチパブリックドメインとなっていた自作がこの映画で使われたとして配給の20世紀フォックスを相手に著作権裁判を起こした。

プロット編集

キャスト編集

製作編集

1940年代後半にハリウッドの各社が共産主義者の侵入を題材とした映画の製作を始めると20世紀フォックスはグーゼンコが自身の経験を綴った記事の権利を買った。スタジオはまたソ連に関する記録書『Behind the Iron Curtain』と『The Soviet Spies: The Story of Russian Espionage in North America'』の権利をも購入したが、結局その2冊の要素は映画に使われなかった[2]

ソ連の信奉者たちはオタワでのロケーション撮影の妨害を試みたが、失敗に終わった[2]

参考文献編集

  1. ^ "Top Grossers of 1948", Variety 5 January 1949 p 46
  2. ^ a b c "The Iron Curtain". Turner Classic Movies. Retrieved April 28, 2014.
  3. ^ Higham, Charles; Greenberg, Joel (1968). Hollywood in the Forties. London: A. Zwemmer Limited. p. 75. ISBN 0-302-00477-7 

外部リンク編集