メインメニューを開く

ロケーション撮影

ロケーション撮影(ロケーションさつえい)とは、映画テレビドラマバラエティなどの製作に際し、機材などを撮影現場に持ち出して行う撮影のこと。

本項では現場の責任者に無許可での撮影を意味するゲリラ撮影についても記述する。

概要編集

撮影用のセットを作成して屋内やスタジオで撮影する方法に対し、実在の風景や場所、店舗など撮影する従来の撮影を区別するためのレトロニムである。ロケーションあるいはロケともいう。ロケを行う場所(ロケ地)を探す行為のことはロケハンロケーション・ハンティング)と呼ぶ。

NHK民放キー局、ドラマ製作会社がある東京都内ではテレビドラマなどの、映画スタジオがある京都市と周辺の京都府亀岡市八幡市滋賀県琵琶湖畔などで時代劇映画や2時間ドラマなどの屋外ロケーション撮影などが頻繁に行われている。

なお、実在の建物や風景を利用する場合も、架空の店名に書き換えたり、電柱の住所表記を架空の住所に変えたりするなど、撮影場所に迷惑がかからないよう配慮しているが、かつては実在の店舗などをそのまま利用した撮影が多かった。

一部の映画ファンやテレビドラマ・テレビアニメ・漫画のファンの間では、ロケ地を実際に訪ねて歩くことが趣味として行われており、そのようなロケ地紹介サイトも複数ある。このようなファン行為を、一部では巡礼または聖地巡礼と呼ぶ。

ゲリラ撮影編集

ロケーション撮影のうち、ロケ地の権利者や責任者の許可や同意を得ずに強行する撮影を、戦争におけるゲリラになぞらえてゲリラ撮影と呼ばれる[1]。他業種でも用いられる「だまてん」や「だま」と同義である。

出典編集