鉄・硫黄クラスター(てつ・いおうクラスター、en:Iron-sulfur cluster)は硫黄からなるクラスターである。

鉄・硫黄クラスターは鉄・硫黄タンパク質が持つ生物学的機能を調べるなかでしばしば研究の対象とされてきた[1]有機金属化学の分野の中で、多くの鉄・硫黄クラスターが生物が持つクラスターの合成類似体として、あるいはその前駆体として知られている。(図参照)

合成されたクラスターの例。
左から、Fe3S2(CO)9、[Fe3S(CO)9]2-、(C5H5)4Fe4S4、および [Fe4S4Cl4]2-である。

脚注編集

  1. ^ スティーブン・リパード, J. M. Berg “Principles of Bioinorganic Chemistry” University Science Books: Mill Valley, CA; 1994. ISBN 0-935702-73-3、閲覧。

関連項目編集