銭鍾書

中国の文学者

銭鍾書(せん しょうしょ、字は黙存、1910年11月21日 - 1998年12月19日)は、中華人民共和国の作家、文学研究者[2]。代表作に『囲城』『談芸録』『管錐編』。銭鍾書は七つの国の言語に精通していた[3]

銭鍾書
Qian Zhongshu 1940s.jpg
銭鍾書
ペンネーム 槐聚
誕生 銭仰先
(1910-11-21) 1910年11月21日
Flag of China (1889–1912).svg 江蘇省無錫市
死没 1998年12月19日(1998-12-19)(88歳)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 北京市
職業 文学研究者、作家
言語 中国語、英語ドイツ語フランス語スペイン語ラテン語イタリア語[1]
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
最終学歴 清華大学
オックスフォード大学
活動期間 1938年—1998年
ジャンル 小説
代表作 『囲城』
『談芸録』
配偶者 楊絳(1935年—1998年)
子供 銭瑗(女)
親族 銭基博(父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
銭鍾書
各種表記
繁体字 錢鍾書
簡体字 钱锺书
拼音 Qián Zhōngshū
英語名 Qian Zhongshu
テンプレートを表示

略歴編集

1910年11月21日、江蘇省無錫市に生まれた。父の銭基博は教育者。無錫東林小学・蘇州桃塢中学・米国聖公会無錫市輔仁高級中学卒業[4]

1929年に清華大学外文系に入学した。入学試験の数学は15点(満点100点、及第点60点)しかとっていなかったが、英語は満点を得た。銭鍾書はこの大学で妻となる楊絳と知り合った。

1933年に卒業した後、上海光華大学(現在の華東師範大学)で教鞭をとる。

1935年に結婚し同年にイギリスやフランスへ留学した[5]

1938年秋に北京に帰り、清華大学教授の仕事に戻った。翌年、湖南湘西国立藍田師範学院の英文系担当主任となった。

1941年、震旦女子文理学校の教員となった。隨筆集『写在人生辺上』が開明書店から出版された。

1945年、上海曁南大学の外文系教授となる。南京中央図書館英文館刊『書林季刊』編輯を兼任する。

1947年、長編小説『囲城』が上海晨光出版公司から出版された。

1949年、清華大学で教鞭をとる。

1949年以降は清華大学外文系の教授を務めた。

1957年、父が病死する。

1958年、『宋詩選註』が人民文学出版社から出版された。

文化大革命から五七幹部学校に下放され労働に従事、文化大革命で受けた攻撃も激しかった[6]

1970年6月、婿の王徳一が無実の罪を着せられたために追い込まれ自殺。

1979年4-5月、アメリカを訪問する。1980年11月、日本を訪問する。

1984年、『也是集』が香港広角鏡出版社から出版された。

1985年、『七綴集』が上海古籍出版社から出版された。

1997年3月4日、娘の銭瑗が脊椎で亡くなった。

1998年12月19日、病気のため北京で死去した。享年88歳。

著書編集

  • 『銭鍾書集』三聯書店、北京市、2011年11月1日。ISBN 9787108036834 
  • 『管錐編』三聯書店、北京市、2014年1月1日。ISBN 9787108027467 
  • 『宋詩選註』人民文学出版社、北京市、2013年4月1日。ISBN 9787020090976 平凡社東洋文庫に日本語訳あり)
  • 『談芸録』商務印書館、北京市、2011年12月1日。ISBN 9787100086240 
  • 『槐聚詩存』三聯書店、北京市、2002年2月1日。ISBN 9787108016782 

散文編集

  • 『人 獣 鬼』三聯書店、北京市、2015年3月1日。ISBN 9787108016850 

小説編集

  • 『囲城』人民文学出版社、北京市、2012年6月1日。ISBN 9787020090006 岩波文庫に『結婚狂詩曲』のタイトルで日本語訳あり)

論文編集

  • 『17世紀および18世紀英国文学における中国』(オックスフォード大学卒業論文、帰国後の1940年に国立北平図書館の英文雑誌『図書季刊』に載る)

故居編集

  • 銭鍾書故居(銭縄武堂):江蘇省無錫市健康路新街巷30号、32号[7]

脚注編集