メインメニューを開く

錦戸 春吉(にしきど はるきち、1872年4月21日(明治5年3月14日)-1945年4月24日[1])は、錦戸部屋に所属した元力士。5代錦戸。本名は吉澤春吉(旧姓 大場春吉)。愛知県豊川市赤坂町出身(当時は額田県)。164cm、96kg。最高位は西前頭15枚目。

目次

経歴編集

静岡県で草相撲をしていたが、1891年5月錦戸部屋に入門し初土俵を踏む。1901年5月、29歳で十両昇進。そして1909年6月、旧両国国技館が開館した場所に初土俵から18年、37歳にして新入幕を果たした。幕内在位は1場所のみで、その後幕下まで陥落。すでに二枚鑑札となっており、1911年6月に引退して、親方業に専念した。一時、招猫の四股名を名乗った。

成績編集

  • 幕内1場所3勝7敗

改名編集

若左倉→招猫→小左倉→錦戸 [2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19090605.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709