メインメニューを開く

鎌田 元一(かまだ もとかず、1947年1月19日 - 2007年2月2日)は、日本の歴史学者。元京都大学教授博士文学)(京都大学、2002年)。大阪府大阪市出身。

鎌田 元一
人物情報
生誕 1947年1月19日
日本の旗 日本 大阪府大阪市
死没 2007年2月2日
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学文学部(学士)
京都大学大学院文学研究科(修士・博士)
学問
研究分野 歴史学(日本古代史、律令制の研究)
研究機関 富山大学
京都大学
影響を
受けた人物
岸俊男
主な受賞歴 角川源義賞(2002年)
テンプレートを表示

専門は、日本古代史。京大では岸俊男に師事。律令制の研究に取り組んだ。

目次

略歴編集

学歴編集

  • 1969年3月 京都大学文学部史学科卒業(国史学専攻)
  • 1974年12月 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学

職歴編集

  • 1974年12月 富山大学文理学部講師
  • 1977年4月 富山大学文理学部助教授
  • 1977年5月 富山大学人文学部助教授
  • 1983年4月 京都大学文学部史学科助教授(国史学講座)
  • 1994年4月 京都大学文学部史学科教授(国史学講座)
  • 1996年4月 京都大学大学院文学研究科教授(歴史文化学専攻)
  • 2007年2月 肺癌のため現職のまま死去

受賞歴編集

2002年『律令公民制の研究』により角川源義賞を受賞

著書編集

  • 『律令公民制の研究』 塙書房、2001年
  • 『律令国家史の研究』 塙書房、2008年