メインメニューを開く

鎮西村(ちんぜいむら)は、福岡県の中央部にあったで、嘉穂郡に属していた。

ちんぜいむら
鎮西村
廃止日 1963年4月1日
廃止理由 新設合併
飯塚市、鎮西村幸袋町二瀬町飯塚市
現在の自治体 飯塚市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
嘉穂郡
団体コード 廃止当時存在せず
面積 30.57km2.
総人口 8,233
(国勢調査、1960年)
隣接自治体 飯塚市、嘉穂郡穂波町筑穂町、二瀬町、鞍手郡若宮町糟屋郡篠栗町
鎮西村役場
所在地 福岡県嘉穂郡鎮西村大字大日寺
座標 (町役場)東経130度39分
北緯33度39分
 表示 ウィキプロジェクト

1963年4月1日、飯塚市・幸袋町二瀬町とともに合併して飯塚市となり、自治体としては消滅した。

村名は往時の呼称「鎮西郷」にちなむ。現在は飯塚市立鎮西中学校等に名をとどめる。

地理編集

福岡県の中央部に位置し、現在の飯塚市の西端部にあたる地域を村域としており、筑豊を構成する自治体の一つであった。村域東部は筑豊平野の西端部にあたる場所で、村の中心市街地があった。村域西部は筑豊と福岡都市圏を分かつ山地となっている。

歴史編集

行政編集

旧村役場は現在、飯塚市役所鎮西支所として業務を行っている。

産業編集

日鉄二瀬炭鉱をはじめとする石炭産業が村の主幹産業であった。

地域編集

教育編集

中学校編集

  • 鎮西村立鎮西中学校

小学校編集

  • 鎮西村立蓮台寺小学校
  • 鎮西村立潤野小学校
  • 鎮西村立八木山小学校

交通編集

関連項目編集