メインメニューを開く

穂波町(ほなみまち)は、福岡県の中央部に位置していたである。嘉穂郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つであり、嘉飯山地区の一つであった。

ほなみまち
穂波町
廃止日 2006年3月26日
廃止理由 新設合併
飯塚市、頴田町庄内町穂波町筑穂町飯塚市
現在の自治体 飯塚市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
嘉穂郡
団体コード 40426-8
面積 25.23km2
総人口 25,642
(平成17年国勢調査)
隣接自治体 飯塚市、嘉穂郡稲築町桂川町、筑穂町
町の木 クロガネモチ
町の花 水仙
穂波町役場
所在地 820-8605
福岡県嘉穂郡穂波町大字忠隈523番地
外部リンク 穂波町公式サイト
座標 (町役場)東経130度41分
北緯33度37分
 表示 ウィキプロジェクト

2006年3月26日飯塚市筑穂町庄内町頴田町と対等合併し、新市制による飯塚市となった。

地理編集

  • 河川 : 穂波川

歴史編集

筑豊炭田の興亡編集

かつて筑豊炭田が栄えた時代には、筑豊の中でも人口増加が著しく、最盛期には4万人を数え、日本一人口が多い村であった。(町制施行前)飯塚市(当時:6万人程)からの合併の話を持ち掛けられ、10万人都市を目指していたが、飯塚側は「編入」、穂波側は「対等」を求めており、このぶつかり合いから合併が実現されなかった。
筑豊炭田が衰退したあとは、人口減少が著しくなり、2006年頃の平成期に25,000人にまで減ってしまった。

行政区域の変遷編集

  • 1889年4月1日 - 町村制度施行により、穂波郡堀池村、忠隈村、南尾村、太郎丸村、椋本村、安恒村、椿村、弁分村、小正村、若菜村、枝国村、秋松村、楽市村、平恒村の区域をもって穂波村として発足。
  • 1896年2月26日 - 郡制施行により嘉穂郡に属する。
  • 1955年3月31日 - 大分村の一部を編入(大分村の他の地域は上穂波村内野村と対等合併して筑穂町となる)
  • 1957年11月3日 - 町制施行し穂波町となる。
  • 2006年3月26日 - 飯塚市・筑穂町・庄内町・頴田町と合併し、飯塚市を新設して消滅。

経済編集

産業編集

  • かつては炭鉱が町の経済を支えていたが、現在ではすべて閉山している。
  • 炭鉱跡地を利用して飯塚工業団地が造成された。約30社の企業の工場が誘致されている。

地域編集

教育編集

中学校編集

  • 穂波町立穂波東中学校
  • 穂波町立穂波西中学校

小学校編集

  • 穂波町立楽市小学校
  • 穂波町立平垣小学校
  • 穂波町立椋本小学校
  • 穂波町立若菜小学校
  • 穂波町立高田小学校

穂波町教育委員会では通学区域は従来のままだが、希望すれば町内のどの学校でも選んで、転入学できる「学校選択制」制度を平成14年度から導入している。

交通編集

空港はなし。最寄り空港は福岡空港

鉄道編集

ただし、町の中心部から大きく離れている。

バス路線編集

国道200号線上の穂波バス停に他地域への特急・急行バスが発着するほか、飯塚市との間を結ぶ一般路線バスも運行されている。

道路編集

町内に高速道路は通っていない。

有料自動車道編集

一般国道編集

主要地方道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 小正西古墳
  • 大将陣公園
  • 三菱飯塚第二坑の巻き上げ機
  • 住友忠隈炭鉱のボタ山

出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集