メインメニューを開く

鏡 (ラヴェル)

モーリス・ラヴェルが作曲したピアノ組曲




Performed in 2014 by Olena Havyuk-Sheremet

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

組曲『』(かがみ、Miroirs)は、モーリス・ラヴェル1905年、30歳のときに作曲した、5曲からなるピアノのための組曲。

初演は1906年1月6日パリ国民音楽協会演奏会においてリカルド・ビニェスにより行われた。

構成編集

全曲で約30分である。各曲が単独で演奏されることもしばしば行われており、とりわけ第4曲「道化師の朝の歌」は演奏の機会が多い。各曲は、それぞれラヴェルが所属していた「アパッシュ」のメンバーに献呈されている。

  1. Noctuelles):詩人のレオン=ポール・ファルグに献呈。クロスリズムが目立つ曲で、曲名である蛾は娼婦を暗示していると考えられる。
  2. 悲しげな鳥たちOiseaux tristes):初演者リカルド・ビニェスに献呈。
  3. 海原の小舟Une barque sur l'océan):画家のポール・ソルドに献呈。
  4. 道化師の朝の歌Alborada del gracioso):批評家のミシェル・ディミトリー・カルヴォコレッシに献呈。
  5. 鐘の谷La vallée des cloches):作曲家のモーリス・ドラージュに献呈。

管弦楽版編集

第3曲「海原の小舟」と第4曲「道化師の朝の歌」は作曲者自身によって管弦楽編曲が行われている。本人は前者の出来を好んでいたが、余り評判がよくなかったため封印してしまった。出版が彼の死後になったのはそのためである。

海原の小舟編集

道化師の朝の歌編集

外部リンク編集