メインメニューを開く

長井戸沼(ながいどぬま)は、茨城県猿島郡境町北西部に所在していたである。現在は干拓されている。

歴史編集

長井戸沼は、栃木県小山市から始まる宮戸川大川が流れ込み沼沢をなしていた。古くは常陸川の流頭部に当たっていた。

干拓される以前は沼にて漁業が広く行われていた。主なものとしては雑魚モツゴタナゴ類など)・エビ類などが漁獲され、埼玉県北足立郡大宮町南埼玉郡岩槻町(共に現:埼玉県さいたま市)の料理店などにも卸されていた[1]。  

干拓編集

この長井戸沼は長らく水面を有する沼地であったが、近世に至るとの周囲がやや開発され、大正時代に入り本格的に干拓地として開発された。1915年大正4年)7月、茨城県営事業として長井戸沼の干拓事業が立ち上がり、1916年大正5年)7月に事業促進のため耕地整理組合設立の同意を猿島郡境町長田村八俣村幸島村桜井村岡郷村静村の関係地権者などに求め、茨城県知事申請書を提出する。同年の1916年(大正5年)11月に干拓事業は着工し、1924年(大正13年)8月に竣工する。

事業後、約460ha(約4638310)の干拓地が生じ、既存の農地も含めると約866.281ha(約8735)の事業面積となった。1924年(大正13年)、干拓され生じた水田などを組合が売却し、組合員一戸当たりの水田保有面積は平均77a(約7720)となった。こうして長井戸沼は水田地帯となり、この後も土地改良がなされていたが、1961年昭和36年)および1966年(昭和41年)に水害に遭い、水害への対策が講じられるようになる。翌年1967年(昭和42年)5月には排水機場が整備され、現在に至っている[2]

所在地編集

関連項目・周辺編集

関連項目

周辺

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『下総 境の生活史 地誌編 自然・動植物(213ページ ~ 221ページ)』 境町史編さん委員会 編集 境町 発行 平成16年3月31日 発行
  2. ^ 『下総 境の生活史 図説・境の歴史(208ページ ~ 209ページ)』 境町史編さん委員会 編集 境町 発行 平成17年3月1日 発行
  3. ^ 「所在地周辺」 - Yahoo!ロコホームページ

外部リンク編集