メインメニューを開く

長坂 昌国(ながさか まさくに、生没年未詳)は、戦国時代武将甲斐武田氏の家臣。源五郎。左衛門尉。筑後守。

略歴編集

武田信玄の奥近習六人衆の1人である。武田家臣である長坂釣閑斎国清の子として生まれ、武田家の嫡男である武田義信に仕えた。『甲陽軍鑑』によれば、永禄7年(1564年)に義信傅役飯富虎昌をはじめ源五郎や曽根周防守らが信玄暗殺を密謀するがこの計画は事前に露見し、永禄8年6月に源五郎を含め虎昌以下の首謀者が処刑され、義信自身も廃嫡され切腹したという(義信事件)。

一方で、甲斐二宮美和神社の奉加帳(『山梨県史』資料編所載)には永禄8年6月に源五郎・曽根らによる太刀奉納が記されており、これは事件発覚の年次が『軍鑑』の誤記で、実際には永禄8年7月のことであったと考えられている[1]

また、義信事件に関与して処刑された(切腹)のは、昌国ではなく、父の従弟の清四郎勝繁であるとされ、実際には父と運命を共にし、1582年の天目山の合戦時に自害したとされる。今福氏の養子に入った実弟の昌常は生き残り、徳川氏に仕え、長坂氏の血脈を伝えている。

脚注編集

  1. ^ 義信事件に関する考察は平山優「武田勝頼の再評価」『新府城と武田勝頼』(山梨県韮崎市教育委員会、2001年)。
    なお、首謀者の虎昌の没年月日については高野山成慶院「甲斐国供養帳」の記載から永禄8年8月15日であることが確認されている(丸島和洋「高野山成慶院『甲斐国供養帳』-『過去帳(甲州月牌帳)』」『武田氏研究』34号、2006年)

関連項目編集