長尾 忠綱(ながお ただつな)は、南北朝時代から室町時代にかけて活動したと推測される武士総社長尾氏の一族。

 
長尾忠綱
時代 南北朝時代 - 室町時代
生誕 不明
死没 応永2年6月3日1395年6月20日[1]
氏族 長尾氏
父母 父:長尾忠房
憲明忠政
テンプレートを表示

父とされる長尾忠房は総社長尾家の祖であり、子・忠政山内上杉家の家宰を務めた。また、もう一人の子・憲明は総社家の分家である高津長尾家を興した。

系図によっては忠房の子が忠政と憲明とされ、忠綱の名が登場しないこともある。

脚注編集

  1. ^ 「惣社長尾系図」(『前橋市史』第一巻 803頁)