メインメニューを開く

長岡 学(ながおか まなぶ)は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手外野手)。

長岡 学
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
生年月日 (1969-11-05) 1969年11月5日(50歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

プロ入り前編集

川口市立川口高等学校(現在の川口市立高等学校)への在学中は甲子園球場の全国大会と無縁であったが、1年時の夏からレギュラーで活躍。1987年のNPBドラフト会議で、近鉄バファローズから5位で指名された後に入団した。背番号は53。ちなみに、この会議では、高校時代のチームメイトだった投手の牛山晃一も、阪神タイガースからの5位指名を経て入団している。

プロ入り後編集

「報道では『高校時代に対外試合で30本の本塁打を放った』と伝えられているが、実際の本塁打数は50本以上」と自ら豪語するほどの長打力と俊足の持ち主であったことに加えて、当時の近鉄の一軍外野陣に淡口賢治栗橋茂などのベテラン選手が揃っていたことから、入団当初は「将来の4番打者候補」として期待されていた。しかし実際には、金属バットで以上の記録を叩き出した高校時代から一転して、NPBで使用する木製バットへの対応に苦慮。さらに、1年目の1988年シーズンには、正遊撃手だった村上隆行の外野コンバートやラルフ・ブライアントの途中入団(無償トレードで中日ドラゴンズから移籍)などで外野陣の顔触れが一変した。このような状況で一軍に昇格できないまま、徐々に本来のバッティングを見失ったため、1992年には打撃のスタイルを一変。当時一軍の正二塁手だった大石大二郎のように、太くて重いバットを使うことで出塁率の向上を試みた。それでも一軍公式戦への出場には至らず、この年限りで現役を引退した[1]

現役引退後編集

地元の企業に勤務する一方で、2010年に中学生向けの少年野球チームの「大宮七里ボーイズ」を発足させるとともに、自ら監督を兼務。高校時代に硬式野球部監督の内山清から「練習へほとんど口を出さなくても短く重い言葉で選手の信頼を得る」という指導、近鉄時代にトレーニングコーチ(当時)の立花龍司からトレーニングや体調管理の手ほどきを受けた経験を基に、体力作りのトレーニングを重視しつつも選手の自主性を引き出す指導で実績を残している[2]。ちなみに、「高校時代から(近鉄のライバルチームだった)南海ホークスのユニフォームが好き」とのことで、「大宮七里ボーイズ」のユニフォームには1980年代の南海のビジター用ユニフォームの色やデザインを再現させている[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 53 (1988年 - 1992年)

脚注編集

関連項目編集