メインメニューを開く

長岡 新吉(ながおか しんきち、1930年(昭和5年)4月19日 - 2015年平成27年)11月1日)は、日本の経済史学者北海道大学名誉教授

岩手県出身。1953年東京大学経済学部卒、58年同大学院博士課程満期退学、1973年「明治恐慌史序説」で経済学博士。1958年弘前大学文理学部講師、62年助教授、1963年北海道大学経済学部助教授、70年教授、86 - 87年経済学部長、1996年定年退官、名誉教授、北海学園大学経済学部教授。2001年退職。

長男は長岡龍作(1960 - 、日本美術史、東北大学教授)。

著書編集

共編著編集

  • 『近代日本経済史』田中修西川博史共著 日本経済評論社、1980
  • 『一般経済史』石坂昭雄共編著 ミネルヴァ書房、1983
  • 『近代日本の経済 統計と概説』編著 ミネルヴァ書房、1988
  • 『世界経済史入門 欧米とアジア』宮本謙介太田和宏共編著 ミネルヴァ書房、1992
  • 『日本経済と東アジア 戦時と戦後の経済史』西川博史共編著 ミネルヴァ書房、1995

参考編集

  • 長岡新吉教授略歴・研究業績 (長岡新吉教授退官記念号) 経済学研究、1994 - 03
  • 『人事興信録』1995年