メインメニューを開く

長田美穂(ながた みほ、1967年 - 2015年10月19日 )は、日本のフリージャーナリスト奈良県出身。

目次

概略編集

東京外国語大学中国語学科を卒業。日本経済新聞記者を経て、1999年に独立。「日経トレンディ」に「ヒットの軌跡」を連載していた(この連載はのちに加筆され、『ヒット力』にまとめられる)。2010年10月からフルブライト奨学生として、アメリカ・ワシントン大学(シアトル市)に留学。マイノリティーに対する虐待など、アメリカの社会問題について取材する[1][2]。アメリカ留学記は『43歳から始める 女一人アメリカ留学』としてDLmarketから発売された(電子書籍)。2015年10月19日、乳がんのため死去、48歳[3]

著作編集

単著編集

のちに文庫 『売れる理由』(小学館文庫、2004年)

共著編集

翻訳編集

  • ケリー・ターナー『がんが自然に治る生き方』(プレジデント社、2014年)

脚注編集

  1. ^ 『ヒット力』奥付
  2. ^ 『ガサコ伝説――「百恵の時代」の仕掛人』カバー袖
  3. ^ 長田美穂さんを悼む:阿部重夫発行人ブログ:FACTA online(2015年11月19日)