長田 貴仁(おさだ たかひと、1956年 - )は、日本の経営評論家。岡山商科大学教授博士(経営学)

おさだ・たかひと
長田 貴仁
生誕 日本の旗 日本 神戸市
出身校 早稲田大学大学院社会科学研究科
職業 経営学者
経営評論家
団体 岡山商科大学教授
栄誉 博士(経営学)(神戸大学)

人物編集

プレジデント社時代は東京ニューヨーク記者として活躍後、ビジネス誌『プレジデント』副編集長、主任編集委員として活動。ペンネームである大富 敬康(おおとみ ひろやす)の名でも多くのビジネス書を著す。ニューヨーク駐在をはじめ、欧米、アジアでの取材経験は豊富。国内外を問わず戦後の経済成長を支えた著名経営者と対話してきた。

略歴編集

役職編集

現在

過去

主著編集

"長田貴仁"名義

  • 『経営は言葉である 東芝・西田厚聰の発信力』光文社、2010年2月
  • 『社長の値打ち』光文社、2007年10月
  • 『ソニー 復活の経営学』東洋経済新報社、2006年7月(台湾でも翻訳出版)
  • 『The Panasonic Way 松下電器「再生」の論理』プレジデント社、2006年2月
  • 『叱り方入門』(加護野忠男他と共著)プレジデント社、2005年11月、pp.28-49
  • 『気づく力』(畑村洋太郎他と共著)プレジデント社、2005年8月、pp.37-46
  • 『シャープの謎』プレジデント社、2004年6月
  • 『キヤノンの掟』(後正武他と共著)プレジデント社、2004年4月

"大富敬康"名義

  • 『ベンチャースピリットの研究―ケーススタディー三洋電機』
  • 『変わる松下 生まれ変わった日産―「純日本企業」と「外資流入企業」に見る二つのV字回復』
  • 『田中耕一の「自分を活かす」術』
  • 『カルロス・ゴーン 人を動かす技術―「個」の特性を活かし、集団パワーを発揮させよ!』
  • 『SANYO井植敏の「馬上行動」組織革命』
  • 『松下がソニーを超える日』

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 論文要旨”. 神戸大学機関リポジトリ. 2019年4月28日閲覧。