メインメニューを開く

長谷川 武彦(はせがわ たけひこ、1931年 - )は、日本の技術者実業家名古屋市出身。

略歴編集

1958年、ヤマハ技術研究所を経てヤマハ発動機株式会社に入社。同社では、オートバイのエンジン開発を担当するとともに、世界グランプリレース監督を務めた。また、名車と謳われた「トヨタ2000GT」の共同開発、ソフトバイク「パッソル」の開発などに関わり、同社社長(1994年~2001年)、会長(2001年~2003年)等を歴任した。

経歴編集

著書編集

  • 『感動創造 技術者として、経営者として』(2003年、PHP研究所