開港の道(かいこうのみち)はJR桜木町駅前から横浜赤レンガ倉庫山下公園を経て、港の見える丘公園に至るルートの愛称である[1]。延長約3.2キロメートル (km)。2002年の山下臨港線プロムナード開通に合わせて発表された。

ルート上には、約500メートル (m) ごとに設置されている誘導サインと、約10 - 20 mごとに設置されている路面表示サインがあり、サインをたどっていくことで、迷わずルートを歩いていくことができる。誘導サインの台座部分は横浜赤レンガ倉庫リニューアルの際に出た、コア抜き材を再利用したものである。路面表示サインには、帆船のシンボルマークが示されている。サイン等のデザインはGK設計。

JR桜木町駅前広場、汽車道新港パークワールドポーターズ新港サークルウォーク赤レンガパーク新港橋梁山下臨港線プロムナード山下公園ポーリン橋横浜人形の家フランス橋港の見える丘公園で構成される。ほぼ歩行者専用となっていること、沿道に横浜を代表する観光施設があること、エレベーターやスロープなどによりバリアフリーにも配慮した構造となっていることなどが、特徴としてあげられる[2]

関連項目編集

  • 横浜の都市デザイン

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 横浜市都市整備局ホームページ「都心部の都市デザイン」、2019年1月28日閲覧
  2. ^ 国吉直行、小田嶋鉄朗(2004)「水際線の産業遺構を活用し新しい魅力を創る ー開港の道ー」土木施工45(1)、山海堂